« 原発廃炉交付金の新設をせよ | トップページ | 福島原発損害額 366兆円 »

2011年8月21日 (日)

高濃度放射性廃棄物は安全に保管できるか

 政府は、青森県6ケ所村において、核燃料の再処理を計画しています。再処理することで、ウランとプルトニウムの混合物質であるMOX燃料を製造します。福島原発3号炉にもMOX燃料が使われています。炉心溶融が生じればプルトニウムが空中に飛散します。また、再処理の過程で膨大な量の高濃度廃棄物(核のゴミ)が生成されます。そのプルトニウムの半減期は2万年といわれており、1/4になるには4万年、1/8になるには8万年の期間が必要ですます。その間、核のゴミは放射線を出し続けます。原発が営業運転を開始してから45年しかたっていません。たった45年間のために人類は8万年という気の遠くなる期間、核のゴミを安全に管理しなくてはなりません。なぜか釈然としません。

 政府は、そのプルトニウムを含む核のゴミを地中埋設しようとしています。そのことについて、NUMO(原子力発電環境整備機構)はホームページで詳しく説明しています。ガラス、ステンレス、鉄が発明されてから何年たつでしょうか。せいぜい100~1000年程度でしょう。その材料も100~1000年もてば良いほうでしょう。あとは土になります。半減期2万年と比べてあまりにも短期間ではありませんか。中・高校生レベルの科学的知識から判断しても奇妙に感じられませんか。また、人類が経験したことのない2万年という長期間にわたっての安全保障について、断定的な見解を述べるなど、自然現象に対する謙虚さが足りません。かつて原発の安全神話を学者が唱え、福島原発事故で見事その見解が間違っていたことと同じように思えます。

 1 放射能レベルの高い廃液をガラスで固化します。ガラスは水に溶けにくく、化学的に安定しており、放射性物質はガラスと一体化しているので、ガラスが割れても放射性物質だけが流れ出ることはありません。

 (反論) このガラス固化体はステンレス容器で覆われています。これは地下水と接触すると腐食し始め、数十年で壊れてしまうといわれています。ガラスは割れても放射性物質だけが流れ出すことはありませんといっているが、2万年という長期間にわたって保証できるのでしょうか。 

 2 ガラス固化体を更に鉄製の円筒型容器(オーバーバック)に密封し、ガラス固化体と地下水が少なくとも1,000年間は接触しないようにします。

 (反論) 鉄は100~1000年程度でボロボロになります。さらに可笑しいのは、「ガラス固化体と地下水が1000年間は接触しないようにします 」といっている点です。鉄は1000年で壊れると自ら認めています。また2万年以上保管しなければいけないのに1000年という基準はどこから来るのでしょうか。

 3 更に、オ-バ-パックの周りを水をとおしにくい粘土で取り囲み、オ-バ-パックが腐食しガラス固化体から放射性物質が地下水に溶け出ても、緩衝材が吸着し、その場所から放射性物質を移動しにくくします。なお、工学的対策を「人工バリア」、地下深部が持つ物質を閉じ込める力を「天然バリア」と呼び、これらを組み合わせた物質の閉じ込め機能を「多重バリア」と呼んでいます。

 (反論) 最終バリアが「水を通しにくい粘土 」という点にも不安を覚えます。

 全体から判断すると、NUMOは1000年程度で容器から放射性物質が流れる可能性があるといっているようです。

 また、地殻変動に対するリスクについても言及していません。地球は表面から5~60kmの地殻、600kmの上部マントル、それより深部にある下部マントル、核で構成されています。地殻と上部マントルの一部はプレートと呼ばれ、ゆっくりと地表面を移動しています。地震は地殻内で発生し、地振動として建物を壊し、地面には大きな断層が隆起します。溶岩プレートが表面に噴出したものが噴火です。このような地殻内のごく浅い300mの地点に核のゴミを埋設しようとしています。常識的に考えて可笑しくありませんか。また、核のゴミ埋設直下で活断層の亀裂が生じた場合、核のゴミ容器は安全でしょうか。

 皆さんの生活感覚から想像して、政府の言う安全に保管するという説明は納得できるでしょうか。中学、高校で勉強した範囲でもって素朴に考えて見ましょう。

 原発の安全神話を作り上げるために、専門家は難しい言葉を使い、また、とんでもないたとえ話で原発の安全性を説明します。その一例を最後に紹介します。

 某大学教授はメディアで

 「塩の致死量200gで半分の人間が死亡する。一方、プルトニウムの致死量は32gであり飲み込んだ場合の毒性は塩とかわらない。プルトニウムは紙一枚でとまる物質であるからして、プルトニウムを使った燃料を作るときは・・・」

 等のとんでもない発言をしています。ほんの一部の正しい部分を引き合いに出しして、さも全体が安全であるかのように説明しています。詐欺罪に近いですね。

« 原発廃炉交付金の新設をせよ | トップページ | 福島原発損害額 366兆円 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原発廃炉交付金の新設をせよ | トップページ | 福島原発損害額 366兆円 »