« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月 9日 (水)

埋め立て基準 8000ベクレルは大丈夫か

 政府は、放射性廃棄物で汚染された汚泥や焼却灰、がれき等の処理の基準を定め、各自治体に埋め立てをお願いしています。

 その基準で埋め立てし、果たして安全なのでしょうか。発生するであろう放射性廃棄物の量と濃度をあらかじめ算出し、適当に線引きしているようにしか見えません。そして、その基準を各自治体は信用していないとも聞いています。

A 放射性汚泥や焼却灰の処理に関する環境省の基準を見てみます。           

 放射性濃度(ベクレル/kg)               新基準(2011.8) 

100ベクレル以下              製品段階で基準内ならセメントなどに再利用可能

8000ベクレル/kg以下           管理型処分場に埋め立て可能

8000ベクレル超~10万ベクレル以下  安全性を評価して埋め立て可能

10万ベクレル超               コンクリート壁など放射線を遮蔽できる施設で管理 

 更に、2011.9.25には、今まで決まっていなかった1kgあたり10万ベクレルを超える瓦礫の焼却灰についても、放射性物質の流出を防止する措置を取れば埋め立てを認める方針だ。具体的には、セメントで固めた上で、雨水の流入や地下水への流出を防ぐ措置が取られた施設であれば埋め立て可能としている。

 「8000ベクレル以下」という基準について、環境省は「埋め立て終了後に処分場の表面を土で覆うと99.8%の放射線を遮蔽できる値だ。年間0.01ミリシーベルト以下に抑えられ、住民の健康への影響は無視できる。埋め立て処分中でも年間1ミリシーベルトを下回る。」と述べ、住民の不安を払拭しようとしています。

 「原子炉等規正法の定義する放射性廃棄物とするか否かの基準100ベクレル」について、環境省は「100ベクレルという基準は、リサイクル利用で市場に流通しても問題がなく放射性物質として扱う必要のないレベルだ。原発内で使われたコンクリートや金属をリサイクルするための基準だ。土で遮蔽して処分する焼却灰としての基準と混同してもらっては困る。」と当惑している。(2012.3.10)

B それでは「原子炉等規正法」に書かれている基準を見てみます。

 その基準は、「核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律第六十一条の二第四項に規定する製錬事業者等における工場等において用いた資材その他の物に含まれる放射性物質の放射能濃度についての確認等に関する規則」の別表において、セシウムで100ベクレル/kgと定められている。

C 日本弁護士連合会は、2011年(平成23年)7月29日、「放射能による環境汚染と放射性廃棄物の対策についての意見書」を首相等に提出しています。以下示します。

 放射性廃棄物かどうかを区別する基準については、現行のクリアランスレベルである10μSv/年を基本として定める値(セシウム137については、100ベクレル/kg)によるべきであり、したがって、100ベクレル/kg 以上のものについては、放射性廃棄物として厳重な取扱いが必要であるものとすべきである。

さらに、8000ベクレル/kg を超えるものについては、その移動・保管の際に、一般公衆の被ばく線量限度である1mSv/年を超えるおそれがあるので、特に厳重な取扱いが必要である。

 福島原発事故以前では、セシウム137が100ベクレル/kg 以上であれば放射性廃棄物として、低レベル放射性廃棄物処理施設で長期保管することとされていた。

 100ベクレル/kg 以上のものについては、放射性廃棄物として厳重な取扱いが必要であるものとすべきである。

 8000ベクレル/kg まで一般廃棄物最終処分場(管理型最終処分場)における埋立て処理(最終処分)を認める政府の暫定方針は、放射性廃棄物としてのクリアランスレベルを80倍に緩和するものであり、問題である。

 セシウムの半減期は30年、8000ベクレル/kg のセシウムを含む廃棄物が100ベクレル/kg 未満となり、通常の廃棄物となるまでに約200年を要する。その長期の間、放射性廃棄物については、他の廃棄物と区別しての管理、流出や飛散の防止その他の特別な管理、継続的な監視管理体制が必要となる。

D それでは、首長、国民の見方はどうでしょうか。

1 最終処分場の確保について国の回答不十分。廃棄物の安全性と世論形成を国は行なうこと。最終処分場を確保・調整すること。風評被害が生じた場合は賠償の対象とすること。・・・ 静岡県市町会(2011.11) 

2 国は風評被害を賠償の対象にすると明記せよ。・・・静岡市長

3 がれきを受け入れた場合、県外に委託している最終処分場は普通の焼却灰すら受け入れなくなる。・・・富士宮市長

4 国が明確な回答をしても、反対する人は反対する。・・・島田市長

5 国の言うことは信じられないというのが住民感情。・・・沼津市長

6 国が本気で広域処理を考えるなら、被害が起きた場合の補償を明確に示さないと住民は納得しない。・・・静岡大教授

7 埋め立て可能な焼却灰のセシウム濃度を1kgあたり8000ベクレルとしているが非常事態の基準だ。安全だという根拠が薄く、無責任だ。密封容器に入れるなど検討すべきだ。・・・静岡大准教授

8 国の基準はダブルスタンダードで県民の理解を得られない。・・・徳島

9 8000ベクレルでは住民の不安は取り除かれない。・・・鳥取

10 子供がガンになるかもしれない。国に安全といわれても信用できない。・・・神奈川県住民

E 2011.9.16の報道によれば、各自治体で検出された焼却灰の放射性セシウム濃度 は以下になります。 

岩手県   2万3000ベクレル    宮城県     1950ベクレル     秋田県    2300ベクレル     

山形県     2160ベクレル     福島県  14万4200ベクレル     茨城県    5900ベクレル

栃木県     2830ベクレル     群馬県      7500ベクレル    埼玉県     6410ベクレル    

千葉県   1万1500ベクレル    東京都       380ベクレル   神奈川県     1347ベクレル    

新潟県       61ベクレル     山梨県      2005ベクレル   長野県      820ベクレル   

静岡県      190ベクレル

F 検討します。

 埋め立て基準「8000ベクレル」と言う基準は、昨年8月唐突に示されました。それ以前の「原子炉等規正法」では、放射性廃棄物としての基準は1kgあたり100ベクレルでした。それ以上のものは放射性廃棄物として厳重に管理することが法律で義務付けられていました。突然8000ベクレルが出現したのです。放射被ばく線量の限度値が年間1ミリシーベルトであったものが、突然20ミリシーベルトに引き上げられたことと同じです。これでは住民は不安を抱きます。

 首長が言うように、絶対安全というなら、なぜ国は風評被害への賠償を確約しないのでしょうか。確約しないことは、問題が発生するかも知れないと思っているからなのでしょう。

 各放射能レベルに対応した保管方法が明確でありません。なし崩し的に日本各地に埋め立てられ、結果的に日本全土に放射能をバラマクことになるのです。果たして、広域処理は妥当な政策なのでしょうか。

 処分場として候補にあがっている地域住民の不安はもっともです。

 まず、住民の不安を払拭するよう、埋め立て処分に慎重な専門家の意見も取り入れ、真面目に保管方法を検討してください。200年も保管しなければなりません。放射能が漏れ出すことも考慮した埋め立て方法にしてください。絶対に漏れ出さないという保証はないのですから。

 二人の専門家が保管方法について述べていました。

 一人は、生活圏から離れた谷間にダムのような施設を作って埋め立てる方法です。谷底にはゼオライトや遮水シートをはり、上部は土で覆い放射線を遮蔽する方式です。

 もう一人は、汚染土壌を入れたコンテナを浅い地中に埋める方式です。埋め立てた場所がわからなくなると掘り直しが不可能になることを危惧しています。200年以上にわたっての保管となります。コンテナを通して、放射能が漏れ出すことを心配しているのでしょう。

 前者の考え方に怒りが生じてきます。第一は、またしても田舎に放射能を押し付けて平然とするのか。第二は、遮水シートで200年も保管できるという保証があるのか、そんなことはあるまい。第三は、地震によりダム直下に亀裂が入れば、地下水、河川に放射能が流出し、地域住民は被曝し、故郷を捨てなくてならない。そして、海も汚染する。第四は、8000ベクレル以下といっても、膨大な廃棄物を埋めることになる。おまけに埋め立て場所は、渓谷だ。山の両側から流れ込む大量の雨水はダムに流れ込む。谷底に集積する放射性廃棄物は高濃度となる。一旦ダムに亀裂が入れば、高濃度の汚染水が地域住民を襲う。    

 放射性廃棄物の処理を、苦渋の選択として国民にお願いしているのでしょう。地域の住民に我慢してくれと。しかし、賛否両論あるなかで、放射能汚染処理の問題にケリをつけていない中で、何事もなかったように、原発の再稼動を強引に推し進めようとしています。

 セシウムの半減期は30年。田畑、山林、河川、海洋に降り積もったセシウムは上流から下流へ流れ、食物連鎖を繰り返し、放射能汚染がほぼ永久に続く。原発から放出された放射能は、山に、海に、川に、田畑に、民家の屋根に、道路、公園に降り注ぎ、魚貝類、動植物に取り込まれ、人に摂取される。人からの排泄物は合併浄化槽を経て河川に、海洋に流れ、再び人に摂取される。人に取り込まれた放射能は、放射線を細胞に照射し、DNAを傷つけ、癌を発症させます。火葬場で焼かれたときに出る煙にも放射能があり、火葬場のフィルターにも付着しています。人骨に残ったセシウムは墓の中にも持ち込まれる。放射能の絶対量は変わらないのです。 

 原発が怖いのではない。原発により放出された放射能が怖いのです。死の灰とはよく言ったものです。

 200年も放射能は続くのに、放射能を怖いと感じる思いは1年足らずで半分に薄れてしまう。そして、ころあいを見計らって、政府はなし崩し的に原発を再稼動する。政府も怖いし、薄れる人間の気持ちも怖い。

2012年5月15日 (火)

放射性焼却灰埋立てと足尾鉱毒事件

 1kgあたり8000ベクレル以下の放射性焼却灰について、政府は、管理型処分場に埋め立て可能としています。

 元原子力委員会委員長代理は、生活圏から離れた谷間にダムのような施設を作って、谷底にはゼオライトや遮水シートをはり、上部は土で覆い放射線を遮蔽する「管理型仮置き場」を提案しています(ものぐさ:埋め立て基準 8000ベクレルは大丈夫か)。

 この報道を読んで、「足尾鉱毒事件」が頭に浮かびました。概略を記述します。

 「足尾鉱毒事件」は、銅山の開発により排煙、鉱毒ガス、鉱毒水などの有害物質が周辺環境に著しい影響をもたらした事件として知られています。

 この被害は、1885年頃から渡良瀬川の魚類の大量死として始まりました。

 そして、鉱毒ガスやそれによる酸性雨により近辺の山は禿山となり、木を失い土壌を喪失した土地は次々と崩れたのです。次に、渡良瀬川から取水する田園や、洪水後、足尾から流れた土砂が堆積した田園で、稲が立ち枯れるという被害が続出しました。田畑への被害は、1890年の大洪水により顕著になったのです。

 そして、第二次鉱毒調査会の報告書を受け、鉱毒沈殿用の渡良瀬遊水地が作られたのです。そして、谷中村は1906年に強制廃村となり、藤岡町に合併されました。足尾山地の広大な禿山と3000ヘクタールに及ぶ渡良瀬遊水池は、「百年公害」の実態をいまに伝えています。

 2011年に発生した東北大震災により、源五郎沢堆積場が決壊し、鉱毒汚染物質が再度渡良瀬川に流下し、下流の農業用水取水地点において、基準値を超える鉛が検出されるなど、21世紀となった現在でも影響が残っています。

 放射性焼却灰の埋め立て問題に戻ります。ダムに埋め立てたられた焼却灰は本当に大丈夫でしょうか。

 両側の山から雨水がダムに向かって流入します。雨水は土壌に付着したセシウムを洗い流し、高濃度のセシウムが谷底に集積します。谷底の遮水シートは200年の間には穴が開くでしょう。地震による活断層の隆起によりダムは決壊しないのでしょうか。決壊により漏洩した水は、渓谷を流れ、鮎や岩魚は汚染され、川からの水は、水田を汚染しないでしょうか。廃村などにならないでしょうか。足尾鉱毒事件と同じ構図が浮かびます。

 五木寛之「下山の思想」よれば、「民」と言う字の語源には残酷な意味があるという。「目を針で刺すさまを描いたもので、目を針で突いて見えなくした奴隷をあらわす。・・・物のわからない多くの人々、支配下におかれる人々の意味」と言う。

 原発事故は、「安全神話」が真っ赤な噓であることを白日の下にさらしました。今まで、目に針を刺されていたのです。原発の恐ろしさを身をもって感じました。

 再稼動。政府の言う新安全基準。夏の電力不足。津波原因説。核燃料サイクル。焼却灰埋め立て基準。除染の効果。賠償基準。さあ、目から針を抜き原発問題をしっかり見つめていきましょう。

2012年5月19日 (土)

都知事 原発発言 「国民はヒステリー」

 5/16、フジテレビにおいて、東京都知事は、「原発問題に関して、国民はヒステリーだ」と発言していました。15分程度の番組の中で、この発言を5回程度繰り返していました。余程、頭にきているのでしょう。都知事は自らを「原発維持派」であるとも言っていました。これは個人の信条の問題で、とやかく言う筋合いのものでもありません。以下、反論します。

1 「国民はヒステリー」発言 

 まず、福島原発事故で故郷を失い、物質的ばかりか、精神的にも大きな被害を被っている住民の実情をどう思っているのでしょうか。経済発展のためには、この程度の事故は止むを得ないとの思いが根底にあるようにも感じられます。

 「国民はヒステリー」発言の背景には、危険なものを田舎に押し付けて良しとする政府の方針と同じものがあるのでしょう。この方針の法的根拠は、原子炉立地審査指針「17条 立地」にあります。乱暴に言えば、人口密集地帯の近くには建設しないで、人口密度の低い地帯に建設しろと言っているのです(ものぐさ:沖縄基地問題と原発 東海第2原発廃炉要望に続け)。

 国民はヒステリー状態にあるのでしょうか。ちなみに、国語辞典によれば、ヒステリーとは「女性に多い神経症の一種。感情の起伏が激しく、その結果気絶したり痙攣を起こしたりすることがある」と書かれています。

 一年以上たっても、国民の6~7割が原発反対です。ヒステリー状態は一年以上続くものでしょうか。むしろ、時が経過するにつれ、福島原発の惨状を見るにつけ、反原発の思いは、人の心に深く静かに浸透しつつあるように見えます。福島原発事故を「明日はわが身か」と、国民の大多数は思っているでしょう。 政府、東電の不誠実さ。情報を小出しにし、真実を明らかにしない原発関係者の態度。安全でもない新安全基準で再稼動を進める政府。いつまでたっても収束しない原発事故。30年以上かかる廃炉作業。使用済み核燃料をどうするのか、明らかに破綻している核燃料サイクル。国民生活を無視した鈍感な電気料金の値上げ。目に見えない放射能の恐怖。だから国民は不安を感じているのです。

 これを「ヒステリー」と言うのでしょうか。

 「女房の無念を訴えたい」として、自殺した女性の夫は、東電を提訴しました。自殺前夜には、夫の腕をつかんで泣きじゃくったと言います。そしてガソリンをかぶって焼身自殺をしました。地獄絵図です。

 原発事故後、ある有名な詩人は、仙台を捨て石垣島に移住しました。「裕福な人は、いいなあ」と思いました。この行為を批判するつもりはありません。個人の自由です。もちろん、裕福な人でも、故郷を愛し、福島を離れたくないと思う人もいるでしょう。しかし、経済的な理由から、離れたくても離れられない人が、大多数でしょう。

 「いざとなれば、被災地を捨てればいい。アメリカに移住すればいい」などと、政治家、経済界のリーダ等、裕福な人は、思っていませんか。こんな気持ちで、原発再稼動などと発言しているなら、たまったものではありません。

 「ヒステリー」と一言で片付けられるものではありません。

2 「フランスで原発が安全に稼動しているのに、それが何故、日本でできないのか」発言

 フランスで原発事故はなかったのでしょうか。インターネットで調べてみます。

 サン・ローラン・デ・ゾー原子炉・・・原発での核燃料溶融事故はレベル4の重大事故だった。1963年

 サン・ローラン・デ・ゾー原子炉・・・上記と同じ溶融事故が繰り返される。1980年

 ラアーグ再処理工場・・・貯蔵所で火事が起こり、電源部が燃え、冷却装置が稼働しなくなり、移動発電機をシェルブール軍港から急遽運んで難を逃れた。1981年

 シヴォー原発・・・配管破断事故が起き、冷却機能が失われて、すんでのところで苛酷事故になるところだった。1998年

 ブライ原発・・・嵐に見舞われ、洪水が起こって、冷却機能がストップし、緊急システムもストップして、この事故も苛酷事故が起こる寸前で、一難を免れた。1999年

 ゴルフェック原発・・・冷却用の水を取り入れている河の水位が猛暑で下がり、炉の温度が上がりすぎて、緊急停止した。2003年

 トリカスタン原子力発電所・・・ウラン溶液貯蔵タンクのメンテナンス中、 タンクからウラン溶液約3万リットルが溢れ出し、職員100人余が被曝し、付近の河川に74kgのウラニウムが流れ出した。原発は一時閉鎖され、水道水の使用や河川への立ち入りが禁止されるなどした。2008年

 マルクール原子力施設にある低レベル放射性廃棄物処理・調整センター・・・フランス南部の同施設で爆発があり、1人が死亡、4人が負傷した。2011年
 
 冷却機能が失われた事故もあります。炉心溶融の可能性はなかったのでしょうか。

 原子力に携わる日本の関係者の傲慢、安全軽視、経済優先。その体質にはあきれるばかりです。その点を改めることの必要性に都知事は触れていますが、日本は地震多発国であることを忘れていませんか。マグニチュード4以上、震源深さ100km未満の地震発生地点と原発立地点を重ね合わせると、重なっているのは世界のなかで日本しかありません。104基の原発が運転中の世界一の原発大国・アメリカでも、原発は地震のない中・東部に集中しており、西部の地震地帯にはほとんど立地していません。第2位のフランスは地震のない国です。この点からしても、日本は原発をもってはいけないのです。

3 「福島原発事故は津波だ」発言

 津波対策をすれば問題のないような発言です。一部の識者は津波到着前に原発は壊れていた、と発言しています(ものぐさ:津波到着前に原発は壊れていた)。国の事故検証委員会からも最終報告書が出ていません。多くの地震学者が、新たに見つかった活断層、それに続く破砕帯の存在を明らかにし、その危険性を指摘しています。

 被災者の心情を逆なでするような「ヒステリー」発言、「津波原因説」発言。都知事の人間性を疑ってしまいます。脱原発に関する書籍が多く出版されています。是非、原発推進の立場から、本を書いてみてください。そして、脱原発派の言い分を見事論破してみてください。納得できれば、大いに応援します。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »