« 怖い 六ヶ所村再処理工場 | トップページ | エネルギー・環境会議 3つのシナリオ »

2012年7月 4日 (水)

それでも不安が残る 原子力規制委員会

 6/20、原子力の安全規制を一元化する「原子力規制委員会」設置法案が成立しました。経産省から分離され、独立性の高い委員会となるようです。

 同委員会は環境省に設置され、委員長及び委員4人の人選について、要件をまとめたガイドラインが、7/2の報道により明らかになりました。

 それによれば、就任前の3年間について、下記の要件に該当する人は、不適格であるとしています。

・ 原子力事業者(電力会社、原子炉メーカ、電気事業連合会等)、や関連団体の役員・従業員。

・ 同じ原子力事業者から一定額(年間50万円)以上の報酬を受けている人。

 その下部組織である「原子力規制庁」は、原子力安全・保安院や原子力安全委員会、文部科学省の規制部門、原子力安全基盤機構の寄せ集めで、1000人規模になると言います。

 「原子力規制委員会」及び「原子力規制庁」は国民の不安を取り除いてくれるような組織となるのでしょうか。形式だけ整えても、悪意があれば、いくらでも骨抜きにされかねません。

1 第一の心配

 新聞報道によれば、「原子力規制委員会設置法」は「原子力村」からの独立性確保のため、原子力事業者の役員・従業員が委員長・委員に就けないと規定しているとのことです。詳しくは「原子力規制委員会設置法案 第7条 5項」を見てください。しかし、ガイドラインでは3年以上経過すれば、原子力関係の組織に所属していたとしても、「原子力規制委員会」の委員長・委員となることができます。かつての組織との利害関係は3年程度で解消されるものではありません。「3年間」と言う文言ははずすべきです。

2 第二の心配

 従来、原子力関係に携わってきた人達の寄り合い所帯で、原子力村に所属していた人も少なからずいることでしょう。また「安全神話」を作り上げてきた人達で、身内に甘い体質からもなかなか抜け出せないでしょう。規制庁をチェックする(原発推進派、反原発派を含めた)専門委員会が必要です。

3 第三の心配

 「原子力規制委員会」が行う専門的、技術的な判断には、首相の指示が及ばないとする一方、技術的な分野を除く避難、放水などの自衛隊、警察、自治体への(指示する)権限は首相に残すとしています。

 「原子力規制委員会」がベント命令や海水注入を電力会社に出しても、電力会社がこれを実施しない場合、首相は何も指揮できないのでしょうか。

 問題は原発からの撤退です。電力会社が撤退を検討し、「原子力規制委員会」がこれを認めた場合、その判断を首相は覆せないのでしょうか。

 撤退すれば、炉心は溶融し、水素爆発が起き、最悪の場合、水蒸気爆発が起きるでしょう。原子炉内の燃料は粉々に壊れ、ウラン、プルトニウム、セシウム等、様々な放射性物資が空中高く舞い上がり、それは、日本全土の半分にも広がるかもしれません。急性障害でバタバタ倒れる人も出るでしょう。晩発性障害で癌・白血病を発症する人も出るでしょう。日本壊滅です。

 菅首相、経産相、官房長官は、「東電は全面撤退を打診してきた」と事故調で述べています。菅首相の「撤退はありえない」との決断で日本は救われたのだと思います。

 「原子力規制委員会」委員長は重要な責任を負うことになります。原子力関連に携わってきた人の中から、委員長は選ばれるのでしょう。腹の据わった決断のできる人はいるでしょうか。政府に責任を擦り付けることを前提に委員長を引き受けるつもりはないでしょうか。

4 第四の心配

 新安全基準、廃炉40年基準は「原子力規制委員会」が定めます。今でも、福島原発事故の原因は津波だと主張し、何がなんでも再稼動をしようとしている人たちがいます。原子力村の人達は真の安全基準を作れるのでしょうか。どんなことをしても「絶対的安全」はありません。だとすれば、原発事故が起き、全面撤退し、日本全土に放射能が撒き散らされる可能性があります。

5 第五の心配

 議事録は公開されるのでしょうか。不都合なことは非公開ですか。公開されなければ、国民の信頼を得ることは難しいでしょう。「原子力規制委員会設置法案 第11条」では守秘義務を課しています。

6 第六の心配

 委員長を含めた5人の委員で果たして、適切な判断ができるのでしょうか。規制庁の意見を丸呑みすることはないのでしょうか。「原子力規制委員会」は原子炉安全専門審査会、核燃料安全専門審査会、放射線審議会を置く(原子力規制委員会設置法案 第13条)としていますが、この審議会が正しく機能することを望むばかりです。

 考えると、本当にノイローゼになりそうです。今回の杜撰な福島原発事故の対応が物語っています。「今回は、心を入れ替え、反省して万全を期す」と関係者は言うでしょう。JCO事故のときもそうだったと記憶しています(ものぐさ 要監視 原子力安全庁)。本当に反省したのでしょうか。現に福島原発事故が起きてしまいました。今回もお茶を濁されそうです。

 「原子力規制委員会」は本当の安全を考えてくれるでしょうか。撤退を想定しなければいけないような原発は動かしてはいけません。「絶対安全」との結論に至らなければ、原発は廃炉にしなければなりません。撤退ということの意味と、その後における地獄絵図を頭の中で描いて見てください。本当にノイローゼになりそうです。

 

 

« 怖い 六ヶ所村再処理工場 | トップページ | エネルギー・環境会議 3つのシナリオ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 怖い 六ヶ所村再処理工場 | トップページ | エネルギー・環境会議 3つのシナリオ »