« 浜岡原発訴訟 傍聴記(構造の欠陥と海水流入 取水塔 アスペリティー) その3 | トップページ | 敦賀原発 活断層調査 »

2012年12月 6日 (木)

脱原発を拒むもの

 脱原発反対派は、電気料金の高騰、それに伴う産業の空洞化や企業倒産を懸念し、原発維持を主張し、脱原発派は、真っ向からそれを否定しています。原発推進の根底には電気料金の高騰等以上の問題が存在すると言われています。 

 報道によれば、政府関係者は以下の問題を指摘しています。カッコ内は(ものぐさ)の勝手なコメントです。

1 日本が原発ゼロにかじを切れば、石油や天然ガスの高騰を招き、中国やロシアなどが一層、原発への傾注を深める。

 (ものぐさ) 石油や天然ガスの高騰を招くでしょうか。アメリカでは大量のシェールガスが産出し、全世界の埋蔵量は400年分もあるといわれています(ものぐさ 脱原発はシェールガスとメタンハイドレードで)。

2 福島原発事故前から米日欧の原子力産業は斜陽化していた。今後、中国やロシアが原子力技術で優位に立ち、米日欧が主導してきた国際的な核管理体制が揺らぐ。日本がその連携から離脱すれば、米国の核政策が崩れる。

 (ものぐさ) 早晩、世界の原子力産業は斜陽化するでしょう。ウランは、利用できるエネルギー量換算で石油の数分の一、石炭の数十分の一しか地球上に存在しません。石油よりかなり早くウランは枯渇します。今後の核管理体制は廃炉産業に向かい、炉技術力を持つものが、今後の核管理体制を主導していくでしょう。

3 原発事業を主導してきたGEは日立と統合し、ウェスチングハウスは東芝の傘下にある。米国の原子力産業は日本に依存している。

 (ものぐさ) そこまで重要な原子力事業を、米国は何故日本に明け渡したのでしょうか。欧州もしかりです。原子力産業の展望が見えないからでしょう。米国は決して軍事機密を明らかにせず、世界最大の軍事力を擁しています。重要であれば、決して明け渡すものではありません。日本は利用されているようにしか思えません。

4 日米原子力協定は18年に改定時期を迎える。1~2年以内に改定交渉をする必要があり、核不拡散に最大の関心を払う米国が利用計画のないプルトニウム保有を認めることはない(ものぐさ 日本が怯える日米原子力協定)。

 (ものぐさ) 核燃料サイクルは破綻し、再処理できないプルトニウムは増加し続けます。米国も日本の核燃料サイクルの破綻はお見通しです。建前だけの協定のような気がします。核不拡散が心配なら、米国は日米原子力協定12条に基づき、さっさと核分裂生成物を回収すれば済むことです。

 これには、唖然としました。米国の都合で日本の原発政策が左右されています。米国の壁に跳ね返されて、民主党は2030年代原発ゼロの閣議決定を断念し、原発政策は腰砕けになりました。政府は日本国民のために存在するのでしょうか。それとも米国民のために存在するのでしょうか。この状況を打破できない限り、脱原発は不可能です。

 冒頭に書いた脱原発反対派のもっともらしい主張は、米国のご都合主義を隠蔽するための隠れ蓑のような気がしてなりません。そして、自民党も一部の民主党の政治家も日本国民の悲痛な「お願い」に耳を傾けず、原発推進を主張しています。そこには、米国のご都合主義に対抗する日本の戦略も外交努力も見えてきません。このような背景がある限り、原子力規制委員会の定義する新安全基準は都合よく解釈され、原発再稼動は強行されるのでしょう。あたかも暫定基準で安全性が確保されたとして大飯原発が再稼動したように(ものぐさ 野田首相 大飯原発再稼動決定)。日本の政治家はこんな程度かと悲しくなります。方針転換できない状況は、太平洋戦争に突入していった時代と重なって見えます(ものぐさ 太平洋戦争と原発)。

 願わくば、米国の壁や国際上の問題を明らかにし、それらを解決する行程表を国民に明示して欲しいものです。

 

 

« 浜岡原発訴訟 傍聴記(構造の欠陥と海水流入 取水塔 アスペリティー) その3 | トップページ | 敦賀原発 活断層調査 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浜岡原発訴訟 傍聴記(構造の欠陥と海水流入 取水塔 アスペリティー) その3 | トップページ | 敦賀原発 活断層調査 »