« 原発停止は違法の法的根拠 ? | トップページ | 地震用語 解放基盤 はぎとり波 基準地震動 基礎版 »

2013年3月16日 (土)

新安全基準 拙速

 3/10のNHK番組をみて、原子力規制委員会の作る新安全基準で、住民の安全は守れるのでしょうか。福島原発事故の検証ができていない中で作る同基準は信頼できるのでしょうか。疑問です。

 まず、新安全基準案(シビアアクシデント対応)を見てみます。原子炉が全電源喪失に陥り、緊急炉心冷却装置等が全て機能不全に陥った場合に備えて、同基準は可搬式代替設備を要求しています。以下、その部分を抜粋します。

① 可搬式代替設備と恒設設備が容易かつ確実に接続できるように、また、系統間及び号機間で融通可能とするため、接続方法を規格化する等の措置を講じること。また、接続口は、複数用意し、位置的分散を図ること。 

② 炉心の著しい損傷を防止し、格納容器の破損を防止するため、可搬式代替設備を配備すること。

③ 格納容器下部に落下した溶融炉心を冷却するため、可搬式の格納容器下部注水設備(例、ポンプ車、耐圧ホース等)を配備すること。

 この基準を見越して、全国の原発は消防車や注水ポンプの設置を計画しています。この対応等により、福島原発事故と同じような事故は起きないと電力会社は明言しています。

 さて、福島原発3号機の炉心溶融を防ぐため、注水ポンプ車が用意され給水を開始したにも関わらず、炉心は溶融してしまいました。「何故溶融したのか」との疑問をNHKは調査により明らかにしたのです。

 その調査によれば、注水口からの配管は「復水器の水を循環するためのポンプ」のスクリュー部を経由して原子炉に接続されていました。電源が確保されていればこのスクリューの回転により、注水口からの冷却水は復水器側に漏れることなく、原子炉に向かうはずでした。ところが、電源喪失により、このポンプは動作せず、注水口からの冷却水の55%が復水器に流入し、残り45%だけが原子炉に達したのです。この時、復水器は1気圧、原子炉は3.5気圧。当然気圧の小さいほうに冷却水は流れ込みます。こんな抜け道があったのです。これが炉心溶融の大きな要因で、原因は炉心周りの配管類の設計ミスでした。しかも、そのミスに長年、気づいていなかったのです。

 同委員会は、「何故溶融したのか」との疑問を追求することもなく同基準案を策定したのです。この同基準案が机上で作られたものであり、NHKの報道により、安全対策の不十分さが露呈しました。これは氷山の一角でしょう。

 解明されていない事項として、1号機4階部分からの地震直後の出水があります。ここには非常用復水器の配管などがあり、下請け作業員も「地震直後、水が噴出しているのを見た」と証言していました。この部分の調査をさせたくないのか、東電は「同号機の4階は真っ暗で放射線も高く危険である」との虚偽説明をしたのです(ものぐさ 原発 新安全基準にパブリックコメントを(地震・津波))。その結果、国の事故調査委員会は、地震による破壊の可能性に踏み込めず、世論は津波原因説に誘導されていきました。 

 1企業(NHK)が原因究明できるようなことを同委員会は見落としていたのです。真の事故原因を検証することなしに、机上で同基準案を策定したのでしょう。同委員会のメルトダウンです。お粗末としかいいようがありません。炉心溶融の原因がつかめていれば、そして外国の実施例を参考にすれば、上記とは異なった安全基準案となっていたでしょう。事故の徹底的検証、説明のつかない現象に対しての検証実験等が必要です。

 次は、組織の問題です。同委員会は旧原子力安全・保安院等からなるメンバーで構成され、大部分が事故以前から原子力行政に携わっていた人です。このよう人が、心を入れ替えて、国民のための規制業務を行なってくれるでしょうか。疑問を持たざるを得ません。

 果たして、名雪前審議官が敦賀原発活断層についての報告書である未公開草案を日本原電に渡していた問題が明らかになりました(ものぐさ 名雪前審議官の違反は個人的問題か)。これに対し、同委員会は、「前審議官個人の問題」だとして、片付けてしまいました。原子力村の隠蔽体質そのものです。これも氷山の一角でしょう。

 40年廃炉規制ルール(運転延長の基準作り)策定にあたっては、外部専門家を入れることなしに、同委員会と規制庁との内部作業だけでこれを行なうといいます。議論が公開されず、透明性が確保できません。

 名雪前審議官の問題に象徴されるように、こんな人が作った新安全基準を国民は信用するでしょうか。7月までに、見てくれだけの同基準を策定しようという雰囲気が伝わってきます。例外規定が多く、骨抜きだらけです。

 

 

« 原発停止は違法の法的根拠 ? | トップページ | 地震用語 解放基盤 はぎとり波 基準地震動 基礎版 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原発停止は違法の法的根拠 ? | トップページ | 地震用語 解放基盤 はぎとり波 基準地震動 基礎版 »