« 老朽化原発 シュラウド・再循環系配管のひび割れ 配管の減肉 | トップページ | 4月の庭 »

2013年4月25日 (木)

講談師 神田香織 脱原発を訴える

 4/20、静岡市で、講談師神田香織さんの講演会を聞くことができました。講演会に先立って、三上湖西市長は挨拶の中で「ドイツが原発をやめたのは、ミサイル攻撃のリスクを恐れたためだ。6月の県知事選挙には川勝知事が立候補する。同氏は999%再稼動反対なので、迷っている人は知事に投票して欲しい」と、話していました。

 さて、神田香織氏の話についてメモした内容を記します。不確かですが、大筋を感じ取ってください。同氏は、福島原発から55km南下したいわき市の出身です。落語は「笑い」、浪曲は「涙」、講談は「怒り」をテーマにした話芸とのことです。同氏は31年前に講談の世界に入りました。2つ目になった時、サイパンを訪れ、「バンザイクリフ(天皇陛下バンザイと叫び、後ろ向きに崖から飛び降りたという絶壁 注1)」を見たことがきっかけとなり、講談のテーマを「戦争」としました。その後、広島で触れた「はだしのゲン」の影響を受け、「核に係わる講談」を語ってきました。

 チェルノブイリ原発事故が起きてからは「チェルノブイリの祈り」も語ってきました。被曝を受けたA夫婦の話は衝撃的でした。チェルノブイリ原発事故の消火作業あたったA氏は、700レントゲン(7000ミリシーベルト)の被曝を受け、モスクワの病院に搬送されました。夫人は付き添い、付きっ切りで夫の看病をしたのですが、わずか2週間(?)のうちにみるみる病状は悪化し、口・舌・頬には小さなできものができ、それが層になって剥がれ落ち、顔、体の色は青・赤・灰色がかった褐色となり、髪は抜け、1日25~30回の下痢には血と粘液が混じる。体中が水ぶくれ、それが破れてシーツが血だらけとなり、両手に皮膚がくっつく。その後、死んでしまいました。その病院で働いていた医師たちも病人から間接的に被曝を受け、死んだのですが、なぜか、A夫人だけはその後も生き続けることができたのです。何故でしょう。そのときA夫人は妊娠しており、A夫人の被曝した放射能は、全て、胎児に吸収され、生後わずか4時間で乳児は死亡(肝硬変)したのです。胎児が身代わりとなり、A夫人は死なずに済んだのです。A夫人は、夫と、産まれてきた乳児まで失ったのです。こんな悲劇があるでしょうか。講談調の話に目頭が熱くなるのを覚えました。

 激励のため、二本松市の仮説住宅を訪れた時の話が以下続きます。

・ 除染後、0.3マイクロシーベルトに下がった土地は、0.6マイクロシーベルトに上昇してしまった。除染ご搬入した砂利が放射能汚染されていたためです。

・ 大熊町は5年で帰れるというが、その具体的行程表は何も示されていない。

・ 福島から大津に移住した青田恵子さんの詩も披露されました。東電の対応を皮肉ったものです。ネットで、その詩を詠むことができます。{神田香織」、「青田恵子」で検索してみてください。

・ 除染で儲ける人が、除染作業を進めている。

 原発事故による「怒り」や「悲しみ」が伝わってくる講演内容でした。

(注1) 米軍に追われ追いつめられた日本の兵士や民間人は、約80mの断崖絶壁から飛び降りた。2005年、サイパン島を訪れた天皇陛下は「あまたなる 命の失せし崖の下 海深くして 青く澄みたり」と詠まれた。

 海の彼方の日本に、自分の父母、妻、子供に思いを馳せ、青く澄みわたった海に飛び込んでいった無念さが伝わってきます(ものぐさ)。

 4/22、麻生副総理は靖国神社を参拝をしました。戦争で亡くなった英霊に対する参拝であることについては異論ありません。しかし、同神社には、東京裁判で死刑宣告等を受けた戦争犯罪人も祭られているのです。負けると判っている戦争に突入し、ミッドウエー、サイパン、硫黄島、沖縄と惨敗を続け、多くの国民を死に至らしめました(ものぐさ 太平洋戦争と原発)。降伏するチャンスはいくらでもあったのに、メンツなのでしょうか。広島、長崎への原爆投下まで、戦争終結できないままでした。戦争を遂行した政治家や軍人を戦争犯罪人とした東京裁判を、私は支持します。

 安陪首相は、憲法改正を主張しています。改正の次は、国防軍の創設、徴兵制の立法化でしょうか。160人程度の政治家が靖国神社を参拝することに「不気味」さを禁じえません。麻生副総理らは、太平洋戦争を正当化し、東京裁判で死刑宣告等を受けた戦争犯罪人の汚名を晴らそうとしているのでしょうか。

 私は、親中派でも共産主義者でもありません。

« 老朽化原発 シュラウド・再循環系配管のひび割れ 配管の減肉 | トップページ | 4月の庭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 老朽化原発 シュラウド・再循環系配管のひび割れ 配管の減肉 | トップページ | 4月の庭 »