« 東通原発 活断層認定 その後 | トップページ | 再稼動への奇妙な論理 »

2013年8月27日 (火)

8月の庭

00019 8月の庭の全景写真です。朝もやがかかっています。

00029 いらっしゃい。ベンチまで進みます。緑の葉が生い茂り、秋に向け実が色づいてきます。手前がリューノヒゲ、真上は次郎柿、左からドウダンツツジ、シラカシ、チョウセンマキ、タカオモミジ、キンメツゲです。               

                                    

                              

                                   

                                   

                                                   

                                               

00023 大きな花はゼフィランサスです。その周辺には源平菊が見えます。花は白とピンクが混在しています。源平合戦をしているようです。源平菊も繁殖力旺盛で、雑草よけには最適です。

00039 ヤマボウシの実が色付き始めました。秋が近くなっているのが感じられます。果実酒にもなります。やや赤みを帯びたあめ色のほのかな香りとソフトな味のお酒ができるといわれています。疲労回復効果があります。実をかじってみましたがあまり美味しくありません。

00032 ベンチを通り過ぎ進みます。正面のハナミズキは紅葉し始めました。

                                   

00045 階段の手前を、左に曲がってください。

                            

                            

                                  

                                 

                                    

                                        

                                

                                                   

                              

00048 左下のツツジの花芽が付き始めます。花芽を切らずに、これから伸びてくる徒長枝を剪定する冬の作業が待っています。

00049 階段の中央の右手には夜露に濡れたヤマボウシの実が見えます。これは色づいていません。

                            

                           

                         

                              

                                                   

                                                 

                                                  

00054 階段を上りきると、正面にハツユキカズラがみえます。新葉が白や桃色になる五色葉です。庭園用のツル性植物として古くから使われています。グランドカバーに最適です。                               

00028_2 左はシャラの木です。ナツツバキともいって5センチ大の白いきれいな花です。6月の撮影を逃してしまいました。来年までお待ちください。                                          

                                               

                                              

                                   

                                        

                                           

                                                    

                                                                                                          

00031 左手にシャラの木の実が見えます。平家物語の名文「祇園精舎の鐘の音、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす・・・・」の沙羅双樹はナツツバキのことです。本来の沙羅双樹はナツツバキとは異なるそうです。わかったら詳しく説明します。  

                                                                                            

00060 更に上ってください。正面に青々と見えるのはウィルトニーです。これもグランドカバーには適しています。

                                   

                                                  

                                                  

                                                   

                                                 

                                                  

                                                 

                                                  

00078 ウィルトニーです。分枝が旺盛で、枝葉が密生し、緻密にカーペット状に隙間なく覆います。 冬は青銅色か紫色を帯び、他の季節とは違う表情を見せます。

00063展望台に向かってください。左右にサルスベリが見えます。冬の剪定を深くすると切断面がコブ状になり好きな樹形ではありません。放任し、枝を大きく伸ばします。                                                                                          

00024白のサルスベリです。                     

                     

                            

                      

                         

                     

                                                     

   

                                                     

                                                                                                                                        

00006 赤のサルスベリです。                          

00064 展望台です。

                                   

                                  

                   

                                                   

                                                    

                                            

                                                   

                                                 

                                                                          

00081 展望台を左に折れます。                                                                       

00068 日陰の庭に向かいます。         

              

             

             

                

                

               

                                                     

                                             

                                                                                                       

00076 オスティオスペルマムフィリップでしょうか。葉の色、形が同じです。4月に紹介したものと違います。突然変異でしょうか。歩道の中央に咲きました。

00084 更に進みます。正面にブルーベリーがあります。                               

                                   

                                  

                              

                                   

                                  

                                              

                                               

                                                     

                              

00040 野生動物に取られず無事でした。黒く熟したものを採ります。                                                                  

00053収穫した全てはジャムに変身。味は良いのですが、皮が残り食感がよくありません。次回は細かく刻んでみます。                                         

                                                 

                                                    

                                                    

                                               

                                              

                                                

                                                  

00071 終点です。                            

                                    

                                   

                                   

                                  

                                  

                                   

                                                 

                                                 

                                              

                                                  

別の場所にご案内します。                                                              

00004 ハナトラノオです。大きな花で見ごたえがあります。                                       

00011 ヒマワリです。虫がワンポイントです。                

                                 

                                 

                                

                                  

                                   

                                   

                                  

00013 白とピンクの花はペチュニア、赤はセンニチコウ、黄色はメランポジュームです。

« 東通原発 活断層認定 その後 | トップページ | 再稼動への奇妙な論理 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東通原発 活断層認定 その後 | トップページ | 再稼動への奇妙な論理 »