« 日本の原発技術は世界一安全 ? | トップページ | 特定秘密保護法案は戦前の治安維持法か 原発問題で一般人も逮捕 »

2013年11月 6日 (水)

特定秘密保護法案 原発報道で逮捕か

 10/28、憲法学者らが特定秘密保護法案に反対する声明を発表しました。山内一橋大学名誉教授(憲法・メディア法呼びかけ人)は「法案は憲法の三つの基本原理である基本的人権、国民主権、平和主義と真っ向から衝突し侵害する」と指摘し、村井橋大学名誉教授(刑事法呼びかけ人)は「軍事機密を守る目的で制定された戦前の軍機保護法と同じ性格。戦前の影響を考えれば、刑事法学者は絶対反対しなければならない」と世論に訴えています。

 原発と関連した報道記事を以下に記します。

・ 首相補佐官(自民党参院議員)は「原発(情報)が秘密になることは絶対にない」とBSフジで発言。・・・9/18

・ 同補佐官は「法律を読む素養が少しでもある人ならば、原発の情報がこれに該当しないのは、瞬時にご理解いただけるはず」と弁明。・・・10/1

・ 原発は、事故が起これば「国の安全保障」を揺るがす事態をもたらし、テロ組織に狙われる可能性も否定できない。それを口実に、原発に関する情報が「特定秘密」に指定されないとも限らない。・・・10/6

・ 某教授(憲法)は「原発や放射能などの情報は、国にとって重要度が高い。幅広く指定できる構造の法案が変わらない限り『対象にならない』といくら説明しても信用されない」と指摘。運用指針も守られているかチェックする仕組みがなく「実質的な意味はない」と批判する。・・・10/6

・ 福島県議会は特定秘密保護法案による「原発情報隠し」を懸念し、「慎重な対応を求める意見書」が全会一致で可決。・・・10/9

・ 内閣情報調査室の参事官は「原発関連施設の警備等に関する情報はテロ活動防止に関する事項として特定秘密に指定されるものもありうる」と認めた。更に、核物質貯蔵施設などの警備実施状況についても同様の考えを示した。「警備等」に関係するとして、原発の内部構造や事故の実態も秘密になる危険が明らかになった。・・・10/24

・ 福島県の「廃炉安全監視協議会」の専門官が福島原発内に調査で入ろうとしたら、カメラが制限され、監視カメラのある場所での撮影は「テロ対策のため撮影禁止との規制を受けた。・・・10/24

 こんなことまでテロ対策として規制されるのか。唖然。・・・(ものぐさ)

・ 同法案を担当する少子化担当相は「原発を狙ったテロを防ぐための警備状況・計画は漏洩を禁じる特定秘密の対象」との認識を示し、「原発に関する警察の警備実施状況は特定秘密に指定されうる」と述べた。・・・11/1

・ 法学者は原発事故に対して「安全性に関わる情報がテロ活動と結び付けられ、特定秘密に指定される可能性が大きい」と見ている。・・・11/5

 原発や核燃料サイクルは国策であり、これらは「外国の脅威から国家を守るための核抑止力として機能する」と主張する政治家がいます。核抑止力とは「日本は、核兵器は持たないが、いざとなれば、いつでも核兵器を作れる施設と技術を持っている」と言われる力です(ものぐさ 核燃料サイクルは軍事目的だったのか)。その意味では、核抑止力はまさに軍事そのものです。(原発の平和利用といいながら)原発自体、その本質は核抑止を目的としたものなのです。

 特定秘密の対象となる情報は①防衛に関する事項(自衛隊法別表第4に相当)、②外交に関する事項、③特定有害活動の防止に関する事項(スパイ行為)、④テロ活動防止に関する事項の4つです。

 今回提示した原発問題は④の「テロ活動防止に関する事項」に該当するわけですが、核抑止と言う点で見れば、原発問題はまさに軍事問題であり、①の防衛に関する事項にも該当します。拡大解釈すれば、外交やスパイ行為にも原発情報は該当しかねません。

 「福島原発の汚染水の状況、事故収束の見通し、放射能汚染の実態、放射線被曝による人体恵の影響、東京五輪の対テロ警備を理由とした福島原発の話題自体」が秘密保護の対象となるばかりか、原発の欠陥についてもテロの危険があるとして国民に知らされないまま再稼動するのではないでしょうか。

 原発関係者からの取材活動は言うに及ばず、原発作業員として潜入して、その実態を記事にする活動、原発上空からの写真撮影、脱原発デモや集会、任意団体による放射能測定、ブログで自己の思いを主張する行為も特定秘密保護法案に抵触するのでしょうか。

 安倍首相は「日本を取り戻す」を掲げ、選挙で大勝しました。特定秘密保護法案が成立し、これに違反したものに対しては最長10年もの刑事罰が科されます。まさに戦前の言論統制や治安維持法(ものぐさ 特定秘密保護法案は戦前の治安維持法か 原発問題で一般人も逮捕)を連想します。そして、集団的自衛権の憲法解釈の変更では、地球のどこにおいても戦争が可能となります。最後の詰めは、憲法9条の改正と国防軍の創設、徴兵制復活となるのでしょう。直立の姿勢で右手をピンと張り、一旦胸の位置で水平に構えてから、腕を斜め上に、掌を下側に、突き出している軍服姿の安倍首相の写真が今でも思い起こされます。ほんとに何をしでかすかわからない首相です。我々は、原発問題も含め、このようなことまで自民党に期待して投票したのでしょうか。景気を良くしてくれることを期待して投票した人が大部分なのではないですか。

 ハイルヒットラー(ヒットラー万歳)、ハイル安倍首相(安倍首相万歳)と言うことでしょうか。自民党、安倍首相よ。思い上がるな。国民をなめるな。怒りをもって抗議します。

« 日本の原発技術は世界一安全 ? | トップページ | 特定秘密保護法案は戦前の治安維持法か 原発問題で一般人も逮捕 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の原発技術は世界一安全 ? | トップページ | 特定秘密保護法案は戦前の治安維持法か 原発問題で一般人も逮捕 »