« 原発30km圏内避難 最長6日 | トップページ | 避難指示解除 都路地区  »

2014年2月 1日 (土)

原発停止なら、イラン危機で日本は一流国から転落?

 新潟県知事を含めた公開討論会の場で、「なぜ同知事が柏崎刈羽原発の再稼働に慎重か」を明らかにしています。1/30の報道で有識者はその理由を3つ挙げていました。

 その報道の後半で、同有識者は、「日本政府は原子力がない場合のリスクを全国民の視点から考えなくてはならない。この状態でイラン危機が起こりガスや石油が途絶したらどうするのか、原子力なく日本が地政学的に一流国であり続けられるのか、・・・政治家は原発の得失を国民の前で議論すべきではないか」と述べています。

 「この状態でイラン危機が起こりガスや石油が途絶したらどうするのか」との発言の裏には、だから原発が必要なのだという主張が見え隠れしています。

 石油が途絶えたら、原子力が稼動していようがいまいが日本は壊滅します。上記主張は、明らかに間違っています。福島原発事故前の統計数値を参考に論じてみます。

1 総輸入量

・ 液化天然ガスの総輸入量は6,831万t(2007)で、中東からは1,742万t(25.5%)

・ LPガスの総輸入量は1,360万t(2007)で、中東からは1,238万t(91%)

・ 石油の総輸入量は2億400万t(2007)で、中東からは1億7,687万t(86.7%)。 1キロリットル=0.85tで換算。

・ 石炭の総輸入量は1億8000万t(2010)で、中東からは0%

2 用途

・ 液化天然ガスの用途は、電力60%、都市ガス28%、製造業6%(2005)。

・ LPガスの用途は、家庭43%、工業22%、化学原料18%、自動車9%、都市ガス5%、電力3%(2007)。

・ 石油の用途は、運輸35%、民生17%、化学原料15%、製造業14%、電力12%(2005)。

・ 石炭の用途は、電力45%、製鉄35%、セメント5%(2009)。

3 考察

・ 総輸入量は6,831万t(液化天然ガス)+1,360万t(LPガス)+2億400万t(石油)+1億8,000万t(石炭)=4億6,591万t。

 うち中東からの総輸入量は、1,742万t(液化天然ガス)+1,238万t(LPガス)+1億7,687万t(石油)=2億667万t。

 更に、中東からの総輸入のうち用途が電力用のものは、1,045万t(液化天然ガス)+37万t(LPガス)+2,122万」t(石油)=3,204万t。

・ 中東からの輸入量のうち、電力用は15.5%(3,204万t/2億667万t)にしかすぎません。85%は電力以外に使用しており、中東からの輸入が途絶えれば、都市ガス、製造業、家庭生活、化学原料、自動車産業は壊滅的な打撃を受けます。原子力発電による電気が灯っても、産業にとって何の足しにもならないことは明白です。原子力があろうがなかろうが日本は壊滅的な打撃を受けるのです。

・ LPガスの3%、石油の12%しか、発電に使用していないことは驚きです。

・ 日本における電源別の発電量は、液化天然ガス29%、原子力29%、石炭25%、水力8%、石油等7%、新エネルギー1%です(2009)。発電量のわずか29%が原子力発電です。純国産電力量は、原子力に水力と新エネルギーを加え、わずか38%にしか過ぎません。輸入が途絶えれば、都市ガス、製造業、家庭生活、化学原料、自動車産業は壊滅します。この38%の電力で国民は何をするのでしょうか。テレビのバカ番組を見て大笑いしているのでしょうか。

 上記に見るように、同有識者の発言は間違いであるうえに、国民を誘導しようとする悪意すら感じます。

 上記試算はエネルギー効率等を無視しており、正確さに欠けていることをお詫びします。しかし、輸入エネルギーの全てを発電用としているのではなく、圧倒的にそれ以外の産業・家庭用に使用していることを理解していただきたいと思います。

 

        

« 原発30km圏内避難 最長6日 | トップページ | 避難指示解除 都路地区  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原発30km圏内避難 最長6日 | トップページ | 避難指示解除 都路地区  »