« 内閣府 被曝線量隠蔽・データ操作 | トップページ | 函館市 大間原発訴訟 概要 »

2014年4月17日 (木)

原発作業者 被曝労災認定

 原発の検査に約27年従事し、癌を発症した原発作業員に対して、神戸西労働基準監督署は労災を認定しました。

 11年7月の健康診断で、同作業員は心臓に腫瘍が見つかり、その後、悪性リンパ腫と診断されています。10年6月時点で、同作業員の累積被曝線量は168.41ミリシーベルト。平均すると年約6ミリシーベルトとなります。

 原発作業員の被曝限度は、5年で100ミリシーベルト、1年で50ミリシーベルト。08年に作られた癌の労災認定基準は悪性リンパ腫で年25ミリシーベルト以上となっています。同作業員はいずれの基準にも達していません。

 この記事を読んで驚いてしまいました。年間6ミリシーベルトの地域に27年間生活すれば、癌発症の可能性があるといっているのです。3倍の年18ミリシーベルトなら9年で癌を発症することになります。放射線に対する感受性の強い乳幼児は、もっと短期間で発症する可能性もあるのです。

 一方、政府は年20ミリシーベルト以下は安全だと称し、都路地区に出されていた緊急避難準備を4/1に解除し、賠償金を打ち切ろうとしています(ものぐさ 避難指示解除 都路地区)。 

 168ミリシーベルトで癌が発症したと言う事実と、「年20ミリシーベルト以下の住民は帰還しても良い」と言う政府見解をどう理解したら良いのでしょうか。「癌発症の可能性があるが、帰還しても良い」と言うのでしょうか。政府は、この質問にどのように応えるのでしょうか。

 (追記)

 原子力規制委員会が発表した3/18現在の累積被曝線量は、①浪江町赤宇木(32km北西)で268.19ミリシーベルト、②飯館村長泥(33km北西)で134.7ミリシーベルト、③葛尾村上野川(31km西北西)で37.941ミリシーベルトになっています。

« 内閣府 被曝線量隠蔽・データ操作 | トップページ | 函館市 大間原発訴訟 概要 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 内閣府 被曝線量隠蔽・データ操作 | トップページ | 函館市 大間原発訴訟 概要 »