« 浜岡原発のクリフエッジ | トップページ | 新規制基準には原子炉立地審査指針がない »

2014年8月 5日 (火)

浜岡原発は原子炉立地審査に違反、よって設置許可は無効

 <浜岡原発訴訟の第十四回口頭弁論の準備書面19より> 

 浜岡原発は原子炉立地審査指針に違反、よって設置許可は無効と弁護団は主張しています。

 福島原発事故では大量の放射能が拡散し、多くの住民が被曝しました。3年半経過した今でも、多くの帰還できない人々がいます。

 住民を放射線被曝から守るために、原子炉の設置基準が定められています。法的体系からその内容を見てみます。

1 原子炉施設の設置許可基準は「災害の防止上支障がないこと」を要請している(原子炉等規制法24条1項3号)。

 その趣旨は、「原子炉施設の従業員やその周辺住民等の生命、身体に重大な危害を及ぼし、周辺の環境を放射能によって汚染するなど、深刻な災害を引き起こす恐れがあることに鑑み・・・・・原子炉設置の位置、構造及び設置の安全性につき、科学的、専門技術的見地から十分な審査を行なわせることにある」としている。

2 「災害の防止上支障がないこと」の許可要件を具体化したものが「原子炉立地審査指針」である。

3 原子炉立地審査指針の「原則的立地条件」を以下に記す(ものぐさ 活断層 原子炉立地審査指針に違反する)。

 原子炉は、どこに設置されるにしても、事故を起さないように設計、建設、運転及び保守を行わなければならないことは当然のことであるが、なお万一の事故に備え、公衆の安全を確保するためには、原則的に次のような立地条件が必要である。

(1) 大きな事故の誘因となるような事象が過去においてなかったことはもちろんであるが、将来においてもあるとは考えられないこと。また、災害を拡大するような事象も少ないこと。

(2) 原子炉は、その安全防護施設との関連において十分に公衆から離れていること

(3) 原子炉の敷地は、その周辺も含め、必要に応じ公衆に対して適切な措置を講じうる環境にあること

 以上、見るように、(1)~(3)のいずれかに抵触すれば、立地条件を満たしません。

4 原子炉立地審査指針の「基本的目標」として次の2つをあげる。

(1) 最悪な場合には起こるかも知れないと考えられる重大な事故(以下、重大事故)の発生を仮定しても、周辺の公衆に放射線障害を与えないこと

(2) 重大事故を超えるような技術的見地からは起きるとは考えられない事故(以下、仮想事故)の発生を仮定しても、周辺の公衆に著しい放射線災害を与えないこと

5 「基本目標」達成するための原子炉立地審査指針の具体的な要件を示す。

(1) 原子炉からある距離の範囲(注1)は「非居住区域」であること。

(2) 非居住区域の外側は「低人口地帯」であること。

 「非居住区域」に放射される放射線量の目安は250ミリシーベルト以下でなければならないとされているが、福島原発敷地境界における線量は、2011年4月1日から1年間の累積線量で956ミリシーベルトであった。

 それでは、3年半経過した現時点で、累積被曝線量が250ミリシーベルトを超える地域はどこでしょうか。簡易型線量計を用いた固定測定点における積算線量の測定結果(原子力規制委員会 平成26年7月24日現在)を以下に示します。尚、括弧内は原発からの距離です。

・ 浪江町津島(30km西北西)  125ミリシーベルト

・ 浪江町赤宇木(32km北西)  287ミリシーベルト

・ 飯館村長泥(33km北西)    144ミリシーベルト

 上記に見るように、浪江町赤宇木地区は、原発から32kmも離れているのも関わらず250ミリシーベルトを超えています。簡易線量計の設置は2011年3月23日であり、福島原発の爆発から10日間の放射線量は含まれていません。これを含めると、累積被曝線量は更に大きくなります。このことで明らかなように、福島原発は原子炉立地審査指針に違反していました。少なくても30km圏内は「非居住区域」でなくてはならなかったのです。原発から5km、10km、20kmの地点における累積放射線量を明らかにしてください。250ミリシーベルトを超える地域は更に増えるでしょう。

 福島原発事故における放射性物質の飛散状況を見れば、原発事故により周辺の公衆に放射線障害を与えることは明白となりました。

 浜岡原発から30km圏内には86万人が住んでいます。「非居住区域」でしょうか、「低人口地帯」でしょうか。明らかに、浜岡原発は、原子炉立地審査指針に違反しています。

(注1) 重大事故の場合、もし、その距離だけ離れた地点に人がいつづけるならば、その人に放射線障害を与えるかもしれないと判断される距離までの範囲。 

 関連記事 (ものぐさ 浜岡原発訴訟 傍聴記(不合理な新規制基準 立地審査指針違反 新規制基準の基準地震動は旧態依然 司法が変わる・大飯原発原告勝訴 クリフエッジ) その10 

 

« 浜岡原発のクリフエッジ | トップページ | 新規制基準には原子炉立地審査指針がない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浜岡原発のクリフエッジ | トップページ | 新規制基準には原子炉立地審査指針がない »