« 浜岡原発訴訟 傍聴記(H断層系 緊急避難計画) その12 | トップページ | 高浜原発再稼動差し止めの仮処分決定 基準地震動を否定 »

2015年4月 3日 (金)

高レベル放射性廃棄物地層処分 日本の地層の現実

 「高レベル放射性廃棄物の最終処分場の適地は国内で7割に及ぶ」と、報道されました。地下に2000以上の活断層がある地震国、降雨量や地下水の多い日本で7割もの適地があるのだろうかと、疑問に思っていました。日本の地層はどの程度堅牢で安定しているのでしょうか。日本の地層と外国の地層を比べて、上記の報道内容が本当に正しいのか検証してみます。

 まず、国内の地層年代と地層の堅牢さを以下明らかにします。

       年代                               割合   性質     

堆積岩   第四紀        0~170万年            19.3%  砂、礫、泥等からなり未固結

       第三紀        170~6500万年        19.4%   砂岩、泥岩、礫岩、凝灰岩等、十分に固結していない

       中生代~古生代  6500万年~5.75億年    23.7%  砂岩、泥岩、礫岩、凝灰岩等、地下変動で亀裂多い

深成岩   新第三紀       170~2400万年          1%   十分堅硬だが亀裂多い

        古第三紀~古生代  2400万年~5.75億年   10.6%  十分堅硬だが亀裂多い

火山岩   第四紀        0~170万年          8.8%  十分堅硬だが亀裂多い

        第三紀~中生代  170万年~2.47億年     17%  十分堅硬だが亀裂多い  

 日本の地層の特徴を簡単に記します。

・ マグマが地表にあらわれ、急冷されたことによる亀裂。

・ 地殻変動の応力による亀裂。

・ 降雨量が多く、地下水が豊富。

・ 亀裂により生じた空間には地下水が浸透。

・ 現在も数年から数10年毎に地殻変動あり。

 このように、未固結若しくは十分に固結していない地層は、全土の38%にも及んでいます。残りは固結しているものの、亀裂の多い地層となっています。これが日本の地層の現状です。

 さて、最終処分場の候補にあがっている外国の地層はどうなっているのでしょうか。

<フィンランド オンカロ(洞窟)>

・ ユーラヨキ地区が最終処分場。

・ 選定条件として①地質上問題がない、②地震が少ない、③活断層がない、④人口密度が小さい、⑤原発から遠くない、⑥自然保護地区でない、等を基準とした。

・ 岩盤は約18億年前、地下深くでマグマがゆっくり冷却固結したもので、堅硬な花崗岩や変成岩からなる。広い範囲にわたって亀裂のない大きな岩の塊がある。

・ トンネルを蜂の巣状に掘るため地下岩盤が弱くなり、ゆくゆくは放射能が地下水に漏れ出る可能性があるという懸念もある。

<スウェーデン>

・ 使用済燃料の最終処分地として、エストハンマル自治体のフォルスマルクを選定。

・ 10億年以上前に形成された岩盤。岩盤は乾燥しており亀裂が少ない。

<スイス グリムゼル>

・ グリムゼル試験所は、スイスにおける放射性廃棄物処理・処分に関する試験を行うため1984年に建設が着手された。岩石の亀裂が極めて少なく、10~30mの間にわずかな亀裂があるのみ。数億年間地殻変動がない。

・ スイス南部に分布する結晶質岩は、造山運動が激しい(年間約1mm の隆起速度)ことから、長期にわたり地質環境条件(水理条件、地化学条件)が大きく変化する可能性があり、初期の段階で除外。

・ スイス中部に存在が推定される結晶質岩の分布は1000m 以深とされ、工学的に処分場を建設することが困難と判断されるため除外。

・ スイス北部のドイツにつながるエリアには、花崗岩を中心とした結晶質岩が広く分布しており、その生成年代から推定して長期の安定性が確保できる見通しが得られることから、北部エリアを対象岩種として1985年に選定。

・ 低・中レベル放射性廃棄物の処分については、ベーレンベルクにおいて、処分場建設計画があったものの、1995年5月、2001年9月に実施された2度にわたる州民投票で受け入れが否決されている。

・ 2008年11月にスイス北部および中部の6地域が低レベル廃棄物処分場の候補地域として、スイス北部の3地域が高レベル廃棄物処分場の候補地域として選定されている。

<ドイツ ゴアレーベン>

・ 地下900mのところに岩塩層が堆積しており、厚さは300mにも達する。岩塩層は2億5000年前に形成された。

・ 海水が蒸発してできた岩塩層には地下水がないと言われていたが、別の岩塩層で地下水の流入が見つかる。

・ 唯一の候補地として30年以上調査してきたが、白紙撤回となる。

<アメリカ ユッカマウンテン>

・ 降水量の少ない砂漠地帯にあり、凝灰岩からなる地層であることにより、この地が1987年に高レベル放射性廃棄物処分場の唯一の候補地と決定された。

・ 火山噴火の可能性もあり、地元住民やネバダ州議会の反対が強くなり政治問題化し、2009年に中止を決定。

 上に見るように、日本の岩盤は亀裂が多く、現在も数年から数10年毎に地殻変動があります。降水量が多い上に、亀裂もあり、地下水が浸透すれば、放射性物質は漏れ出ます。

 一方、フィンランド、スウェーデン、ドイツなどの処分場は、数億年以上の強固な岩盤であり、亀裂も少ない。それでも、ドイツの処分場の候補地は白紙撤回されました。当然、地震もなく、地殻変動もなく、圧縮応力を受けることによる亀裂も生じていません。

 誰の目にも、日本には処分場に適した地層などないと写るでしょう。ところが、国は処分場ありきで突き進んでいます。理想論を言えば、処分場など建設できないからです。炭素鋼でできたオーバーパック(厚さ19cm)や締め固めた粘土である緩衝材(70cm)からなる人工バリアで水の侵入を防ぐなど」と専門家は真顔で発言しています(ものぐさ 地層処分 楠戸伊緒里氏の資料より)。それで、10万年もの間、放射能漏れを防ぐことができるなどと、誰が信じるでしょう。噓でも言い続ければ、国民を洗脳できると考えているのでしょうか。

 安倍首相は、日本の原発は世界一安全だなどと噓を言いました。世界一安全な処分場だから、東京から離れた山奥に作りましょうなどと言い出すでしょう。首相は50年もすれば墓の中です。1万年後の処分場がどうなっていても痛くも痒くもないのです。

« 浜岡原発訴訟 傍聴記(H断層系 緊急避難計画) その12 | トップページ | 高浜原発再稼動差し止めの仮処分決定 基準地震動を否定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 浜岡原発訴訟 傍聴記(H断層系 緊急避難計画) その12 | トップページ | 高浜原発再稼動差し止めの仮処分決定 基準地震動を否定 »