« 高浜原発再稼動差し止めの仮処分決定 基準地震動を否定 | トップページ | 浜岡原発訴訟 傍聴記(プレゼンテーション) その13 »

2015年4月19日 (日)

高浜原発の運転差し止めに対する原子力規制委員長の反論

 福井地裁(樋口英明裁判長)が、関電・高浜原発3、4号機の運転差し止め決定をしたことに対して、4/15に原子力規制委員長は早速反論しました。

 判決要旨と同委員長の反論を吟味してみます。

(判決要旨) 新規制基準に求められる合理性とは、万が一にも深刻な災害を引き起こすことがないよう、厳格な基準でなくてはならない。しかるに新規制基準は、緩やかで、これに適合しても原発の安全性は確保されていない。免震重要棟は規制の対象にならず、猶予期間がある。地震が人間の計画・意図とは全く無関係に起こるものである以上、かような規制方法に合理性はない。

(同委員長) 福島原発事故の教訓を踏まえ、かなり厳しい規制基準を要求した。「合理性に欠け、緩やかに過ぎる」ことはない。「絶対安全」を求めると、結局は安全神話に陥る。世界と比較しても、最も厳しいレベルというのは国際的に認知されている。

(ものぐさ) 基本的な耐震補強工事もなく、基準地震動は370ガル、550ガル、700ガルへと引き上げられました。このように数値だけ引き上げるという対応は社会的に許されるものではありません。「かなり厳しい基準だ」と反論しても、再稼動ありきの基準でしかありません。厳密な安全性を求めると再稼動できなくなってしまうからです。甘い基準であり、住民の安全を守るレベルではありません。また、何十年も前に建設された第二世代の原発のどこを見て世界レベルと言うのでしょうか。同委員長は「基準に適合しても、放射能が漏れる可能性がある」と述べ、絶対安全であるとは言っていません。絶対安全でもなく、一旦放射能が漏れれば、広範囲にわたって、長期間帰ることもできず、故郷を失うことになるのです。こんな代物を許せるでしょうか。

(判決要旨) 基本的な耐震補強工事もなく、基準地震動は370ガル、550ガル、700ガルへと引き上げられた。このように数値だけ引き上げるという対応は社会的に許されるものではない。

(規制庁) 高浜の審査で3回の現地調査と約70回の会合を経て、震源モデルや地震発生層の検討など事細かく分析してきた。関電側の甘い地震想定を何度も突き返し、基準地震動を大幅に引き上げた経緯もある。高浜原発の合格は科学技術的に適正に判断した。

(ものぐさ) 会合の回数ではありません。甘い規制基準の中で、猿芝居を何回やっても意味がありません。極めて情緒的な発言で、これこそ科学的とは言えません。

(判決要旨) 使用済み核燃料は、格納容器のような堅固な施設に閉じ込められていない。使用済み核燃料プールの給水設備、非常用発電機の耐震性はBクラスだ。

(同委員長) 給水設備、非常用発電機はSクラスだ。

(ものぐさ) Sクラスだ、Bクラスだなど重箱の隅を突っ突くような反論です。福島原発事故では、使用済み核燃料プールが破壊して冷却水が失われるのではとの切迫した危機感がありました。冷却水が喪失すれば、崩壊熱により核燃料は溶融し、想像を絶する量の放射能が首都圏を襲う可能性もありました。SとかBとか言う前に、使用済み核燃料プールは危険極まりないものだと認識すべきである。

 最後に、判決要旨が指摘する重要な事項についての反論がなされていません。反論する余地がないからでしょう。以下、列挙します。

・ 算出された基準地震動は、平均的な数値であり、起こりえる最大の地震動を示すものではない(入倉教授)。基準地震動は実績のみならず理論面でも信頼性を失っている。

・ 耐震補強工事もなく、何ゆえ基準地震動は700ガルまで増加するのか。

・ 使用済み核燃料プールの危険性への反論がない。

・ 全国で20箇所にも満たない原発のうち4つの原発で5回にわたり基準地震動を超える地震が平成17年度以降10年足らずの間に到来している。福島原発事故が起きたあとであるにも関わらず、地震動の評価については従来方式を踏襲しているに過ぎない。

・ 免震重要棟は規制の対象にならず、猶予期間がある。地震は何時来るか分からない。これでよいのか。

 同委員長等は、情緒的に言っているだけで、科学的かつ論理的に反論しているわけはありません。細かいところだけ突っ突いているだけです。全くお粗末な反論です。

 新聞「みんなの広場」の投稿文に、「政府の下請けともいえる原子力規制基準が安全ななどと本当に信じているものがいるのだろうか」との発言がありました。まさに、その通りだと思います。

 判決は「規制基準に適合しても原発の安全性は確保されない」と断じています(ものぐさ 高浜原発再稼動差し止めの仮処分決定 基準地震動を否定)。

« 高浜原発再稼動差し止めの仮処分決定 基準地震動を否定 | トップページ | 浜岡原発訴訟 傍聴記(プレゼンテーション) その13 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高浜原発再稼動差し止めの仮処分決定 基準地震動を否定 | トップページ | 浜岡原発訴訟 傍聴記(プレゼンテーション) その13 »